2階ベランダ取り付ける時失敗しないコツは



洗濯ものを干したり布団を干したりするときに2階にベランダがあったらいな・・と考えている方も多いのではないでしょうか。
女性は特に下着などを1階に干すのは抵抗がありますよね。。


そんなときにやっぱり、2階のベランダがおすすめなのです!


では、実際に取り付けると考えたとき、どんなベランダにしていくのか考えてみましょう!






最初にベランダ取り付けですることとは


では、実際にベランダをつけるとなったとき、工事を頼む業者を選ぶところから始まります。
業者選びをするうえでの注意点はこちらで確認してください!


☆信頼でき評判がいいこと
☆アドバイスをしてくれること
☆実績が豊富なこと
☆担当者に何でも相談でききちんと答えてくれるところ


このような点に注意して業者を選べば失敗することはないかと思います。


ではいい業者は」どうのようにしたらいいのかがここからの問題点になります。
近ければよいのか?
またネットでしらべイ何社にも連絡してそのつど見積もりを取寄せるのか。


そんなこと考えていたらせっかくのベランダ取り付けも面倒になってしまうのではないでしょうか。





そんな時にプロの力を借りるのがおすすめなのです。
プロに任せると自分の希望に合ったところを素人では分らない目線で選んでくれます。
そして一括見積を依頼すれば簡単です。
見積は無料なので安心ですよね。



どこで自分に合った業者は探せるのか?


初めにベランダを取り付ける場所など簡単な情報を送り見積もり依頼をしましょう
申し込んだコンシェルジュと電話で自分の希望に合った業者を数社紹介してもらいます。
紹介してもらった業者に一括見積もりを依頼します。
依頼して届いたらよく見て決めましょう。



ではここからは無料の一括見積もり頼める業者を2社ご紹介します。
両社に頼むことも出来ますし、どちらかを選んでもいいです。
また2社から数社づつ紹介してもらえば選ぶ幅が増えるので個人的には両社頼むのがいいのかな。。とも思います・



リショップナビ

◎希望にピッタリ合った会社を最大5社厳選してくれ全国の加盟会社からリショップナビのコンシェルジュ選んでくれます
◎一定基準をクリアした業者を紹介してくれます。
◎、万が一工事ミスがあった場合には、安心リフォーム保証制度といって再工事費用をカバーする制度に加入しているリフォーム会社を紹介してくれます。



リノコ

◎相談や紹介、見積もりなど何でも無料なので安心です。
◎口コミのよいおすすめで人気施工店のみ紹介してくれます。
◎完全に中立の立場でサポートしてくれるので信頼できます。








ベランダの取り付けにかかる費用

取り付けの費用は希望のベランダによって違います。
40万円から50万円位あれば古くなったベランダを新しくできる相場です。
50万円から80万円でスチール製等のベランダを新しくアルミ製に交換できます・
ただしベランダの種類やサイズによっても変わります。


また忘れがちなのが、ベランダを取り付けた後はメンテナンス必要です。
アルミ製なら7年から10年、スチール製のメンテナンスは5年毎が一般的です。
メンテナンスにかかる費用も考慮して取り付け費を決めましょう。





ベランダの種類とは

◎ベランダ本体
 1階部分の屋根に設置する方法もあったり、、柱を建てそこに固定するタイプがあります。
 一般的にはアルミを素材にしたものが主流となっています。
◎ベランダの手すり
 アクリルなどで出来たパネルや格子になったもの等種類も豊富です。
 光を遮らないもの、プライバシーを守るもの風を通すもの、など目的や環境に合ったものを選びましょう。
◎ベランダの床
 表面にタイルやプラスチック、デッキなどを設置するタイプがあり、アルミ・塩ビ・樹脂などの素材で出来ています。
 素材を選ぶときは耐久性やメンテナンスなどを考えていきましょう。
◎屋根をベランダに取り付ける
 とつぜんの雨にも安心な屋根をベランダに取り付けえると洗濯物を干した時に心配が減ります。
 軽くて衝撃にも強いポリカーボネートが多く使われています。
 人気なものは半透明のものや、薄いブラウン系・ブルー系が人気です。
 フラットタイプとアール型タイプがあるのでどちらのデザインが自分に合うか、色と合わせて考えてみましょう。
◎その他
 すこしこってみてサンルームのようなベランダにすることも素敵です

 また防犯やプライバシーの確保のため、目隠しのようなものを付けるのもいいでしょう。



ベランダ取り付けの注意点とは

いったんベランダを取り付けると、取り外しは出来ないのでじっくり考えましょう。
ここでいくつかポイントを書いておきます。


◎ベランダで洗濯物を干したいと考えている方は方角には気を付けましょう。
 南向きや南東向きにベランダを設置したほうが北向きや北西向きより、日差しが入りやすくなります。
◎屋根のサイズもベランダに取り付けるときの注意点です。
 軒先から約50センチほど離して物干竿を取り付ける場合が多いので、これを目安に屋根のサイズを決めるといいです。
 大きさがあわないとせっかく取り付けても雨などにぬれてしまうかもしれません。
◎台風や大雨などで水がたまらないようにしましょう。
 しっかりと防水加工や勾配が大丈夫か確認しておきましょう。
◎デザインも考え、ベランダは外から見えるところにあるの事を考えましょう。
 サッシの色との相性を考えて外壁や屋根、色選びをした方が良いですね。




ベランダに合うカラーとは

ベランダの色を決めるときのポイントは・・
一般的なのが玄関ドアや外壁を基準に選びます。外壁に合わせた色にする場合も多いですね。


玄関と同じ方向にベランダがある場合、その玄関ドアが濃い色であればベランダも濃い色にし、ナチュラルなドアならば明るい色にするという選び方もあります
濃い色の場合に、ベランダにポイントとして別の色を加えるというやり方もあります。
またホコリなど汚れ、雨や風によって出来る水垢もつくので目立たない色を選ぶことも多いです。





ベランダ取り付けのまとめ

◎外壁や玄関ドアなどとのバランスを考えて色を選ぶ。
 間逆な色にするとまとまりなくなる場合もありますので注意しましょう。
◎メンテナンスの事も考えて素材を選ぶ。
◎ベランダを取り付ける目的によってサイズを決める。
 洗濯物や布団を干すため、趣味の園芸をするため、くつろぎの空間のためなど目的によってサイズを決めた方が後悔しないですね。



希望に添い、信頼できる業者にお願いする


ご紹介する2社はどちらも大変信頼できるベランダ取り付け業者を紹介してくれます。
2社ともに依頼してもいいですし、どちらかに依頼申し込みをしても大丈夫です。
納得のいくベランダを取り付けるために少しでも多くの中から自分にピッタリの業者を選んでみてくださいね



リショップナビ



リノコ